Q&A

JUNO

ドレス選びはいつから始めたらいいですか?
挙式の日取りと会場が決定したら、すぐにドレスショップへのご来店をおすすめいたします。早めに試着を始めていただくことで、ドレス決定後のヘアメイクやお花など、お式場とのお打ち合わせもスムーズに進めることができます。
また、一生に一度の特別な日、より美しくドレスをお召いただくために、私どもではウエディングボディメイクのご案内もさせていただいております。
ドレスの試着に行く場合、予約は必要ですか?
はい。「完全ご予約制」とさせていただいております。
ご予約をお取りできるお時間は10時、13時、16時でございます。
ホームページの予約フォーム、またはお電話でのご予約をお願い致します。フィッティングルームの空き状況をお調べし、ご予約を承ります。週末は込み合いますのでお早目にご予約いただくことをお勧めいたします。
1回の試着にはどれくらい時間がかかりますか?
お衣裳合わせの時間は約2時間を予定しております。
2時間の中でドレスを4〜5点ほどご試着いただけます。
ご試着後、今後のお打合せスケジュールなどをご説明させていただきます。
試着時に持参するものはありますか?
ドレス試着の際にシューズを履いて頂きますので、ストッキングをご持参ください。ドレスのご試着もお二人にとっての結婚式へ向けての楽しい時間になりますので是非、カメラをお持ち頂いてお写真をたくさんお撮りください。
小物も全て揃いますか?
はい、インナーから、グローブやベール、アクセサリーやシューズまで すべてご用意しております。
親族の衣裳を借りることはできますか
ご親族の衣裳として、お父様の第一礼装であるモーニング、お母様の第一礼装である留袖を始めとして、訪問着や色留袖、振袖やお子様のドレス・タキシードまでご用意しております。
ゲストの衣裳について
色留袖と訪問着の違いは?
色留袖は黒地以外の色地を用いた裾模様の和装の総称です。黒留袖は既婚者だけですが、色留袖は未婚の方も着ることができます。紋は五つ紋であれば黒留袖と同じ格になります。訪問着は絵羽模様になっています。絵羽模様とは和装全体に絵画的に展開するように模様付けされています。模様は主に胸、肩、袖、裾にあります。親戚であれば色留袖、知人であれば訪問着がいいとされています。
季節によって和装の素材は違いますか?
レンタルですので一年中着て頂ける縮緬の素材を使用しております。
自分で持っている帯があります。レンタルした留袖に自分の帯を合わせてもいいでしょうか?
帯は留袖のレンタルに含まれていますが、お持ちの帯を合わせて頂いても構いません。ただ留袖が第一礼装ですので、帯も西陣織りなどの礼装用の袋帯を締めます。
手が長いのでいつも和装を着ると袖が短くなります。サイズなどありますか?
裄長のサイズの御準備しております。ご試着の際にもサイズをみて合わせておりますのでご安心ください。
どんな髪型がいいでしょうか?
髪型は清潔にまとまっていれば問題ありません。かんざしなどを付けるのであれば、お花や飾りが付いているものよりも、べっこうのようなもので扇形のものが「礼装用」として使用されています。
かしこまった式ではないので、留袖ではなく洋装にしたいと思っていますが、両家で違ってもいいのでしょうか?
留袖・洋装どちらにされても、両家の両親は統一されたほうが良いです。統一されたほうが写真撮影や挨拶の際にバランスが良いですし、両家で話し合われて決めていたほうが、相手側のご家族や親戚にも失礼がないと思います。
式場ではなく、知り合いの美容室で着付けをお願いしたいと思っていますが可能でしょうか?
可能でございます。ご予約を頂く際にスタッフへご相談下さいませ。お届け場所と回収場所、時間などを確認させて頂きます。
遠方の為、事前に試着に行けませんがレンタルすることができますか?
別紙の申込用紙がありますので、そちらにお名前やサイズなどを記入の上、お手数ですがFAXか郵送、またはお電話頂ければご注文いただけます。FAXや郵送の場合も改めてご注文の確認をスタッフよりさせて頂きます。
落ち着いた柄に帯を華やかに合わせたいのですが帯の種類はありますか?
通常留袖にセットしているものの他に、品のある華やかな帯を別途レンタルしております。
小物のみレンタルすることはできますか?
レンタル可能です。スタッフにご相談ください。
神前式について
神前式にかかる時間はどれくらいですか?
約30分です。神社の式次第によって、多少異なります。
また、新郎新婦様のお支度は挙式時間の約3時間前からご案内しております。
「大安」や「仏滅」といったお日柄は考慮した方がいいですか?
これらは日本人の生活にとけ込んでいますが、あまり気にしすぎる必要はありません。無理のない範囲でお考えください。
仲人は必要ですか?
新郎新婦が神前で厳粛な誓いをたてるため、また両家の結びつきをゆるぎないものにするために、お二人にとって、ご両家にとって大切な人を仲人としてたてますが最近では仲人なしのスタイルが増えています。お二人の意見だけではなく、ご両家のご両親にもご相談ください。
白無垢以外の着物でも問題ありませんか?
神様や参列者に失礼にならない衣裳であれば問題ありません。神社によっては決まりがある場合がありますので、式を挙げたい神社にご相談することをお勧めいたします。
日本髪に抵抗があるのですが、必ずかつらをしなければいけませんか?
洋髪での挙式も可能です。お打ち合わせの中でかつら合わせの時間も設けておりますので試着後にご検討頂くこともできます。
綿帽子または角隠しは必要ですか?
かつらの場合はご使用をお勧め致します。 花嫁様の被り物としてはどちらを選ばれてもかまいません。
参列者は何人まで出席可能ですか?
洋神社によって参列できる人数は異なります。一般的にはご両家で20〜40名程です。 神社もしくは弊社担当プランナーまでお問い合わせください。