JUNO

JUNO

Ceremony List

加藤神社

加藤神社かとうじんじゃ

加藤清正公を主祭神とし、祭神に殉じた大木兼能公、韓人(朝鮮人)金官(きんかん)公を配祀する。戦国時代の武将加藤清正(かとうきよまさ)を主神とする加藤神社。
明治4年(1871年)、現在の熊本城本丸と宇土櫓(うとやぐら)の間に「錦山神社(にしきやまじんじゃ)」として建立され、その後、明治7年(1874年)熊本市京町へ、昭和37年(1962年)に現在の熊本市本丸に移りました。
境内には肥後三大手水鉢(ちょうずばち)、文禄・慶長の役記念の太鼓橋、旗立石(はたたていし)などが残されています。
毎年7月第4日曜日に開催される清正公(せいしょこ)まつりは、熊本の夏の代表的な祭りで、子ども等の「千人清正」などが街中を練り歩く神輿行列で賑わいます。
熊本城と神秘的な月明かりのもとで行う、宵の婚礼と呼ばれる結婚式も行われています。

インターネットでのお問い合わせ

ご返答には3〜5日ほどお時間を頂いております。
お急ぎの場合はドレスショップまで、お電話にてお問い合わせくださいませ。

お電話でのお問い合わせ